姫ママ☆a diary
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
桃の節句
3月と言えば?
そうです!桃の節句です

今年は姫宅ではお引越しも控えてるという事で
お雛様を出そうか悩んでおりますΣ(ノ∀`*)ペチッ 

『桃の節句』の意味を検索していたところこんな事が
書かれてたから 皆様にご紹介します

正式名:上巳(じょうし)の節句
※三月の初めの巳(み)の日という意味

~雛人形を飾る意味~
平安時代、紙やワラなどで人形を作り自分の体に擦り
やくや災いを移して海や川へ流した流し雛の行事が
結びついて 今の『ひな祭り』になったとされる。

雛人形を飾る事は生まれた子供が健康で優しい女性に無事に育つようにとの家族の願いがこめられています。つまり、雛人形が身代わりになってくれてその子供に災いがふりかかりませんように、結婚など人生の幸福が得られますように、という家族の温かい思いが込められているのです。

~菱餅を飾る理由~
菱は、水中に実を結ぶ植物で、その実が心臓に似ているところから、幼児の身代わりとして「形代人形」と菱の実を供することが、中国の故事にあります。 また、五色は水神竜蛇の嫌いな色とされており、雛段に五色の菱餅を供えるのは悪鬼から幼児を守る願いが込められています

~ひな祭りに縁起の良い食材~
はまぐり=まき貝でもOK(女の子の美徳と貞節を意味する定番)
カレイ=鰈(なぜか、京都の雛祭りに使われるらしい)
イカ
たにし
よもぎ(薬効があり、菱餅の緑に使われます)

桃の花には魔除けの意味があるらしいです。

雛あられや菱餅の白色は「雪の大地」、桃色は「生命」、緑色は「木々の芽吹き」を象徴し、その3色のお菓子を食することで、自然のエネルギーを授かり災厄や病魔を祓い、健やかに成長できるという意味。

初節句の赤ちゃんには 昔から 赤い被布(ひふ)を着せてお祝いしました。赤は、生命力の象徴で魔よけになると考えられていたためです。


姫家もお雛様出してお祝いしないと((b´∀`))ネ

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
いいね、雛飾り。
飾ったら写真UPしてください。
うちには縁遠いものなので^^;
私もお雛様の記事近々UP予定です。
2006/02/21(火) 16:10:06 | URL | ニワトリ。 #-[ 編集]
姫ママ>ニワトリ。サン
(*ゝノ3・)コッチョリ  まだ出してないのょ 置く場所もない事に気がついた今日この頃ですe-263
2006/02/22(水) 10:06:54 | URL | 姫ママ>ニワトリ。サン #mQop/nM.[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。